目で見る世界史 TOP 






科挙 その隠された意図(1) 世界史小ネタ第79回

関連する小ネタ
1
2
3
4

関連するリンク
1
2

科挙とは官僚をペーパーテストで選抜する制度。王朝が交替しても、この奇抜なアイデアは連綿と受け継がれました。1300年間中国社会に深く浸透した科挙の秘密とは。

受験熱がピークに達した明清時代、3年に一度の試験に殺到した受験生は数十万人。うち最終の「殿試」に合格し「進士」の称号を得たものはわずかに数百人。合格者の平均年齢36歳という記録も肯けるところですね。

進士のなかでもトップ合格者は特に「状元」と呼ばれ、大臣の椅子が約束されました。豚のホルモンがふんだんに入った「状元及第粥」は息子の合格を願う母親の家庭料理。「状元及第銭」とは文字通り、科挙の合格を祈った福銭の一種。

試験準備の大半は数十万字という「四書五経」の暗記とその解釈に費やされました。おかげで中国各地はもちろん、台北、ソウル、ハノイ、長崎にも孔子を祀る風習が広がりました。曲阜に次ぐ北京の孔子廟は、飲むと文章が上達するという井戸で有名。ここの「進士題名」という石碑には元代から清代までの5万人以上の科挙合格者の名がずらり刻まれているとか。

そこそこの家に生まれた男の子ならば誰でも一家、いや一族の期待を担ってこの科挙に挑戦しました。それほど豊かな農民の出ではなかった洪秀全(太平天国の乱)ですら何度もトライしたぐらいですから。

少年たちが感じた受験のプレッシャーはいかほどのものでしょう。もしあなたが生まれながらにして「東大理Ⅲ」受験を宿命づけられていたとしたら。「殿試」はおろか第1段階の「郷試(地方試験)」すらクリアできなかった落伍者のトラウマもまた深い。このトラウマが後の中国人男性をアヘンに走らせた、などとするのは少し考えすぎでしょうか。

一方で試験から疎外された女性たちは、三従の教え(父、夫、子への服従)の通り、男性より数段低く扱われてきました。子を産むなら絶対男の子、ということになりますね。一人っ子政策の現代中国で、戸籍から抹殺された「黒孩子」の大半を女子が占めていることは、かつての男性社会の名残なのでしょうか。

「金持ちになるには良田を買う必要はない。本の中から自然に千石の米が出てくる」。これは宋朝三代皇帝真宗が作ったと伝えられる、一般民衆向けのプロパガンダの一節。科挙完成期の宋代、なぜ時の為政者はペーパーテストにこだわったのでしょうか。これは次回に。

参考にしました

科挙―中国の試験地獄
宮崎 市定

中央公論新社
1963-05
売り上げランキング 69,118


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


科挙と近世中国社会―立身出世の階梯
何 炳棣

平凡社
1993-02
売り上げランキング 935,845

おすすめ平均
科挙に関する第一級の書籍

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

リンク

Http://www.I-chubu.ne.jp/~hiro-int/tabi
今は「首都博物館」となっている北京の孔子廟。林 広行氏のサイトから。

Http://www.kaishoku.com/trip/honey/honkon3.htm
「状元及第粥」が紹介されている、シャオヘイとアーメイさんのサイト。

Http://www.daito.ac.jp/~oukodou/kosy
「試帖本」。受験生が試験場で作る詩を集めて本にしたもの。「黄虎洞伯泉齋」氏のサイトから。

Http://www.daito.ac.jp/~oukodou/gallery
同じく、黄虎洞伯泉齋氏のコレクションから「状元及第銭」。

Http://plaza.harmonix.ne.jp/~pingshan/honglou.html
「紅楼夢小辞典」。ここの「紅楼夢雑録」の「紅楼夢に見る中国社会」のなかに、科挙に関する概説があります。

Http://www.seoulnavi.com/tour/e_list/tour_e_016
再現された韓国の科挙の試験風景。SEOULNAVI.COM から。

Http://www2.starcat.ne.jp/~v-v-nhat/n22.htm
ベトナムの科挙制度を紹介したサイト。