目で見る世界史 TOP 






カストラート 世界史小ネタ第31回

関連する小ネタ
1
2
3
4

関連するリンク
1
2

姿は男性でも声は女性。17世から18世紀のイタリアオペラ界に君臨したカストラートたち。人は「天使の声」と呼びました。

女性が閉め出されていた16世紀の教会で、ソプラノあるいはアルトの声を持った男性歌手が必要になりました。しかしどう工夫しても男の子の声変わりを防ぐ手だてがありません。ある一つの方法を除いては。

カストラートとは、castrato あるいはcastrati と綴ります。もちろんcastrate (去勢)されたものという意味。Castrum(複数形がcastra で「要塞」という意味のラテン語。Castleやcaste制と同語源)の「周りから切り離された区画」という意味が、動詞になって「純粋性を保つ」、「去勢する」に転化したとか。

声のよい子、音楽性豊かな少年がいると、カストラートにならないか、と声をかけました。本人や親が同意すれば、10歳前後の声変わり前に手術を施します(中国の宦官の場合は陰茎・睾丸の両方が除去されたが、カストラートの場合は睾丸だけ)。もともと子供とは比較にならない肺活量と喉の筋肉を持っている上に、特殊なボイストレーニングで鍛え上げるわけですから、異常にレンジの広い高くのびきる、この世の声とは思えない声が出せるようになるわけです。カストラートは教会だけではなく、オペラのステージで欠かせない存在になりました。18世紀のイタリアのオペラ歌手の大半はカストラートだったとか。

しかし、19世紀に入ってカストラートは禁止されました。最後のカストラートが亡くなったのが1922年。唯一録音された彼の音声は、とても再現可能なものでなく、かといって、現在の歌手にカストラートの声を要求することは無理。で、しかたなく電子的に合成した音声を使った、というのは史上最高のカストラートをテーマにした、映画『ファリネリ』の舞台裏の話です。

参考にしました

カストラートの歴史
パトリック・バルビエ

筑摩書房
1995-03
売り上げランキング 1,299,050


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


心ならずも天使にされ―カストラートの世界
フーベルト・オルトケンパー

国文社
1997-12
売り上げランキング 581,798


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


カストラート
ステファノ・ディオジニ エンリコ・ロ・ヴェルソ エルザ・ジルベルシュタイン ジェラール・コルビオ

コロムビアミュージックエンタテインメント
1996-12-01
売り上げランキング 5,091


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

リンク

http://wa.essortment.com/castratihis
カストラートの歴史

http://www.cix.co.uk/~velluti/cast.h
カストラートに関する質問に答える形で解説

http://www.spe.sony.com/classics/farin
映画『ファリネリ』